期間工が正社員を目指す場合

期間工とは期間限定の従業員の事を指します。最長で2年11ヶ月同じ職場で継続して働く事が出来ます。

期間工の問題点は不安定な雇用形態にありますが、メーカーでも直接雇用にする動きが出ている事も昔からあります。正社員への登用を期間工を通してなれる確率はメーカーによって異なります。

livedoorニュースの有益な情報を提供します。

工場内で働く社員のうち、正社員の割合は2割から3割程度である所が多いです。

誰が正社員でそうでないかは見た目では解らないので仕事上での差が出る事はさほどないと言えます。

メーカーにこだわりが無ければ正社員への登用が多い所を選べば近道にもなるでしょう。



具体的に期間工として働いていて正社員へというケースになる場合にはどのような場合かというと多くは企業側からのスカウトで声をかけてもらえる事です。



早い人では1年未満で声をかけてもらえる事があれば、2年以上勤めて声をかけてもらえる事もあります。その人の仕事ぶりや人間性で評価される事も多いので誰でも対象となる訳ではありません。実際に期間工から正社員になったら何が変わるかというと行う仕事内容は同様なケースが多いです。
雇用の安定の面で契約社員で無くなった点は何より厚い保証でしょう。

また、時給も月給になって多少年収が上がる等待遇面で上になる事が多いですが、大きく差が出るほどではありません。
しかし、雇用形態が安定したことが次の職を心配しなくても良くなった点は精神面でも安定しますし、モチベーションにも繋がります。