オールインワンゲルのメリットとデメリット

オールインワンゲルのメリットといえば何といっても時短が出来ることにあります。
化粧水や美容液、乳液といったライン使いを使用する場合は、どうしても一回に複数の化粧品を使用するため時間がかかってしまい、小さな子どもがいたり仕事に忙しい等、時間に追われている人はその時間を面倒に感じるケースも少なくありません。

オールインワンゲルサポートと断言できます。

そのためライン使いの場合は肌ケアがおろそかになる可能性がありますが、オールインワンゲルは1つで複数の化粧品の役割を担っているため、一気に肌ケアを終わらせることが出来ます。


また複数の化粧品の役割を担うということは、複数の化粧品を用意する必要がないため、費用を抑えることもメリットとして挙げることが出来ます。


しかしデメリットとしてライン使いよりも肌ケアが劣るとされています。化粧水で保湿し肌を整え、美容液で肌に栄養を与え、乳液でそれらを肌に閉じ込めるといったライン使いの順番を守ることは肌に保湿成分や美容成分を肌に効率良く浸透させることには最も適しています。


しかしそれらの要素を1つに詰め込みその役割を一気に果たすオールインワンゲルの浸透力はライン使いよりも劣ってしまうことは否めません。

そのためオールインワンゲルを使用しても乾燥肌が改善しない場合はスペシャルケアとしてライン使いを取り入れることも方法の1つです。浸透力が劣るとは言っても、時短が出来、費用が安く済むこともあり、オールインワンゲルは人気がある化粧品の1つであり、中には高い浸透力を目指しているものもあります。



様々な種類を試してみて、自身の肌に合う1つを探してみることも良いかもしれません。