期間工としての働き方について

工場などで働く人の種類として、期間工というものを聞いたことがあると思います。

期間工とは製品の増産などが行われる時期など、忙しくなるときの対策としてメーカーが期間的に限定して雇用を行う契約社員のことを指します。


期間工の採用としては、大手の自動車メーカーやその付属品を製造している業者、電子部品のメーカーなどで数多く見られます。
メーカーによる直接雇用という形態となるために、給与面で高収入の条件となっているものや、その他にもメーカーからの特典が付いてくることも考えられます。



雇用先のメーカーによっては、正社員になれる登用制度を採用している会社もあるために、一定期間にわたって勤務することで正社員として採用される道もあります。

短期間のうちにまとまった資金を稼ぎたいと考えている人や、モノづくりに興味があり、自動車や電子機器の製造に携わりたいと思っている人、有名企業に採用されることで経験を積みたい人、正社員になれる可能性にかけたい人などに多くのメリットがある雇用形態であると言えます。



主な働き方としては、自動車や電子部品メーカーの製造ラインにおいて、塗装や部品の加工、組み立て作業などに携わることになります。

一般的には期間工として行う仕事としては、内容的に流れ作業となっているものが多く、特殊な技術や資格が必要とされていません。



その上で十分な仕事の内容を教えてもらうことができますので、今までに工場での仕事の経験を持っていない人であっても参加できる点もメリットとなります。